2021年04月07日

4月の富士山


富士山の植付け
4月10日 (土) & 11日 (日)




DSC_0116.JPG




昨春、植える予定だった苗たち180本が、
現地の仮植え畑=防鹿柵の中で、首を長く
して待っています。3月に予定していた
植付けが雨天中止になってしまったため、
今回が富士山で行う今シーズン最初の
植付けとなります。

今回は4月10日と11日の土日、2日間作業
しますので、どちらか(どちらも⁉︎)
ご都合のよい日にご参加ください。

コロナの関係で、10人乗りは出しません。
苗も大きめ&多めなので、みんなで楽しく
ワイワイ植えたいのですが、申し訳ありま
せんが、自車&家族単位でのご参加を
お願い致します。

晴れると暑く、曇ると寒い、春の山。
紫外線も強め、天気も急変…雨具の準備と
服装にご注意ください。



DSC_0130.JPG
いま、標高900m付近の現場ではミツマタの花が満開です。景色はまだ
冬の枯れススキですが、足元には薄紫や白のスミレも元気に咲いています。



4月10日&11日(土&日)富士山の植付け
・新宿発の10人乗りは出ません。自車での
 ご参加でお願いします。

・集合 10:00「PICA表富士」=富士山スカイ
 ライン沿いの旧:表富士グリーンキャンプ場。
 参加者が集まり次第、施錠されたゲートを
 開けて林道に入ります。参加ご希望の方は
 必ずご連絡お願い致します。

・4月中旬でも、現地は降れば雪…の可能性も
 あります。低温時には路面凍結にも注意が
 必要です。

・林道には所々、マウンドが設けてあります
 (雨で林道が川になるのを防ぐため)。
 車高が極端に低い車だと、そのマウンドを
 乗り越える際に底を擦ってしまう場合が
 あります。その際はドングリ号に乗換えて
 頂く方がいいかもしれません。

・雨天延期 → 4月17日&18日(土日)に上記
 スケジュールと同じ動きで実施します。





DSC_0070.JPG
防鹿柵の中から出してもらうのを待っている富士山産の大苗たち。
東京の苗畑から移して1〜2年経っているため、これ以上そのままに
しておくと枝も根も絡み合ってキレイに育ちませんし、掘り上げも
大変になってしまいます。この春は確実に、広々した富士の裾野に
本植えしてやらねばなりません。



DSC_0071.JPG
斜面に植えたコナラ。そろそろ冬芽も膨らみ出す頃。



DSC_0060.JPG
こちらはホオ。冬芽の殻がパカっと開いて、うぶ毛を
まとった柔らかな葉が開くのはもうちょっと先。



DSC_0051.JPG
シカやウサギに樹皮を齧られないように巻いている
麻布も2年ほどで朽ちるため、巻き直しが必要です。



DSC_0051 2.JPG
麻布の幹巻きで獣害は防げても、カミキリムシは
防ぐことはできません。どうしたものか…。



DSC_0010.JPG
シカが食べないバイケイソウだけがニョキニョキと
伸びる林床。このバイケイソウや、そろそろ顔を
出すマムシソウなど、いまの富士山には、シカが
嫌いな植物しか残っていない…ほどです。



DSC_0107.JPG
施錠ゲートを入った林道。今回、ここは通りません。台風や大雨などで
毎年、所々、林道がえぐれたり崩壊するので、修繕が必要ですが、
なかなか追いつきません。



DSC_0100.JPG
この春は定期的に雨がふっているため、きれいなコケの緑の絨毯。



DSC_0136.JPG
お弁当広場。北側に富士山山頂、南側に駿河湾。当日は、晴れて暖かく、
気持ちよくお昼を食べたいですね。



4月の活動は、ようやく冬の眠りから覚める
富士山での作業のみになります。ご都合の
つく方、どうぞご参加ください。


ちなみに、5月の活動予定は…
・5月 5日(祝水)どんぐり畑
・5月16日(日)久留里の筍&竹退治
・5月30日(日)久留里の竹退治  …です。



posted by ドングリッチ at 16:39| 東京 ☀| 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

3月の活動予定


     大苗の掘上げ、ほぼ完了。
     小中苗に着手しています。




   DSC_0093.JPG
   もうすぐ桜のカウントダウンですね。



今シーズンの山への植付けは、コロナの影響も
あり、例年よりも少なめです。苗を山へ持って
行けないため、掘り上げる大苗の数を減らし、
現在は、まだ畑で植え替えて大きく育てる必要
のある小中苗にとりかかっています。

ここ数年、狭いスペースで苗を育てていたため
なのか、以前に比べ、幹が細く、ヒョロヒョロ
した苗が多くなったように思います。この春は、
小中苗たちを広めのスペースに植替えてあげて、
ちゃんと枝葉を広げることができ、風通しも
いい畝で、シカにも負けず、台風にも倒れない、
幹の太い丈夫な苗を育てましょう。





DSC_0049.JPG
捨て蒔きした畝の苗は、絡んだ根っこをほぐして植替え。



3月いっぱいで、苗の植替えを終わらせる予定
です。山の作業は富士山に行きます。




3月14日(日)どんぐり畑
・この3月もあったかいようなので、苗が
 芽吹く前に、できればこの日に小中苗の
 植え替えを完了したいところ。
・9:00〜1500。雨天中止です。



3月28日(日)富士山の植付け
・富士山「大渕」活動地に100本?ほど。
・コロナが落ち着かないので10人乗りは
 出ません。自車参加のみになります。
・10:00 富士山スカイライン沿いの
 「PICA表富士」(旧:表富士グリーン
 キャンプ場)集合。全員が揃い次第、
 施錠ゲートを開けて林道に入ります。
・雨天&降雪中止。4月11日に作業有り。
・まだこの時期は、降ったら雪、の
 可能性も大きいです。スタッドレス
 タイヤの方は大丈夫と思いますが、
 ノーマルタイヤの方は、念のため、
 事前にお教えください。




3月の平日作業(どんぐり畑)
・今月は以下の日の12時〜15時です。
 3日(水)、5日(金)、8日(月)。





DSC_0121.JPG
掘ろう。掘り下げよう。何かが見つかる。



ちなみに…4月の活動予定は、
 4月11日(日)富士山
 4月25日(日)どんぐり畑 です。



posted by ドングリッチ at 13:29| 東京 ☀| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月09日

2月の作業予定


  苗の掘り上げ、進んでます。



DSC_0015.JPG



…と言っても、少人数でちょこちょこ
続けている状態です。自転車で通える
地域にお住まいの方やご家族を中心に
優先度の高い苗から掘り上げています。

どんぐり畑や山の作業スケジュールは、
ほぼ例年通りで行なってはいますが、
毎回の作業規模は小さくなっています。

3月いっぱいでひととおり苗の植替えを
終えたいところですが…あまり無理せず、
出来る範囲でやっていきましょう。





DSC_0021.JPG




2月の作業予定は以下のとおりです。


2月14日(日)どんぐり畑
・苗の掘り上げを続けます。この日までに
 久留里へ持っていく大苗の掘り上げは
 終えたいところです。9:00〜15:00。
・雨天順延 → 15日(月)12時〜15時。



2月28日(日)久留里の植付け
・今年初の植付。久留里の補植=約100本。
・コロナ対策のため、ワゴン車は出ません。
 自車での参加者のみで作業します。
・9:30 現地集合。日程変更の可能性も
 ありますので、参加をご検討の方は、
 必ずご連絡をお願いします。
・雨天順延 → 3月1日(月)に作業します。

 

2月の平日作業(どんぐり畑)
・以下の平日に畑作業を行います。
 12:00〜15:00です。雨天中止

 月曜=8日、22日。
 木曜=4日、11日、18日、25日。



DSC_0007.JPG



ちなみに…3月の活動予定は、
 3月14日(日)どんぐり畑
 3月28日(日)畑もしくは山 です。


posted by ドングリッチ at 15:47| 東京 ☀| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

2021年スタート!


新年おめでとうございます




DSC_0033.JPG



暖冬に慣れた身に「例年通り」の寒さは、
結構こたえますね。すでに大雪で災害が
発生していますが、これ以上ひどくならず、
冬らしい冬となり、ただただ自然に、
春らしい春が訪れてくれることを
祈るばかりです。

コロナも歯止めがかからない状況と
なっていますが、今年もコツコツと、
手と体を動かして、森づくりに
勤しみたいと思います。

本年もよろしくお願い致します。



DSC_0025.JPG
掘り上げの下準備、畝の落ち葉かき。熊手、鬼手、人の手。



今年も苗の掘り上げから作業スタートです。
大苗がいつもの年よりも多めなので、
先手先手で進めなければなりません。
2月末?に久留里に持って行く大苗から
掘り上げを始め、平日作業も行いながら
落ち葉の堆肥づくりも並行して進めます。

ただ、畑の作業、山で植付けができるか…
も、コロナ次第という面もあります。
スケジュールに変更がある場合、早めに
お知らせしようと思いますが、ご不明な
点がある場合は、お問い合わせ下さい。



現在、予定している1月と2月の苗畑の
作業は以下のとおりです。


1月11日(月祝)どんぐり畑
1月31日(日)どんぐり畑
2月14日(日)どんぐり畑
2月28日(日)久留里の植付け…かも?


・9:00〜15:00。雨天の場合は中止です。
・天気や作業の進み具合により、早めに
 終わる場合もあります。半日ご参加の
 方は、ぜひ午前中にどうぞ。
・苗の掘り上げが大変な方も、落ち葉
 かきや防草シートの取り外しなどの
 軽作業もあります。みなさま奮って
 ご参加ください。
・順調に掘り上がったら、2月28日は
 久留里植付けになるかもしれません。
 その際は、前日27日(土)に苗の
 トラック積込&移動です。




1月の平日作業(どんぐり畑)
・苗の掘り上げシーズンになりました。
 平日作業もスタートします。
 
 水曜=20日、27日、2月3日
 土曜=16日、23日
 いずれも12:00〜15:00。雨天中止。

・2月、3月も平日作業を行いますが、
 コロナや大学入試の状況など、学内に
 入れない日もありますので、確認後、
 お知らせします。



DSC_0077.JPG
久留里の補植場所の準備にも、もう一度、行きたいところですが…。




posted by ドングリッチ at 18:00| 東京 ☀| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

11月&12月の作業予定


富士山のドングリ拾い
少し拾えました…が…



DSC_0065.JPG
暑くもなく寒くもなく、心地いい風が吹いていました。



今までこんなにはっきりと駿河湾や伊豆半島が
見えたことがあったでしょうか!?…という
くらい、先月の富士山作業日は、素晴らしい
秋晴れ。台風一過だけあって、冬の澄んだ空気
よりも、もっと澄んでおり、お弁当広場からの
眺望は最高でした。まだ富士山作業を未経験の
方は、ぜひ一度、お越しください。お天気は
運次第ですが…。




DSC_0013.JPG
帽子をつけたままのドングリも多く、根を出しているものも。



そんな素晴らしいお天気の中、少量ながら、
ミズナラのドングリとブナの種を拾うことが
できました。いま湿らせた状態でタッパーに
入れて保存していますが、どんどん根っこを
出し始めているので、11月8日の畑作業で
蒔こうと思います。




DSC_0027.JPG
みんなでしゃがみこんで小さなブナの種をひと粒ひと粒。



しかし、今年の富士山、恐れていたことを
目の当たりにすることとなりました。
各地で問題となっている「ナラ枯れ」です。

このナラ枯れ、「カシノナガキクイムシ」
という甲虫が運ぶ菌によって、ミズナラや
コナラなどのブナ科の木が次々と枯れる
現象です。被害エリアもどんどん拡大し、
全国的に問題となっています。




DSC_0126.JPG
遠くからも目立つナラ枯れしたミズナラ。この木は「おまえはクヌギかっ?」って
ほどドングリは丸く、表面が艷消しマット仕上げでお気に入りだったのに…(泣)。



昨年の秋は、普段使っている林道や植樹地
周辺では気になりませんでしたが、この秋、
富士山スカイラインや施錠ゲートの中の
林道を走ると、あっちにもこっちにも…。
まだドングリつけ盛りの若い木でも、葉が
茶色に枯れ、木の根元はキクイムシが孔を
開けた際に出た木屑で覆われていました。
どこまで広がっていくのでしょうか…。

今年はクマの目撃件数がかなり多いよう
ですが、ドングリの不作・豊作の問題
以前に、地域によっては、すでにナラ枯れ
が広まり、そもそもドングリを落とす木が
大量に枯れている可能性も考えられます。
そうなると、この先、クマが食料を求めて
歩き回る範囲は、これからどんどん広がり
続けるかもしれません。




DSC_0075.JPG
まるで大量のきな粉をドバッとかけたような木屑に覆われた根元。



また、このナラ枯れは山間部だけの問題では
なく、ドングリの会の苗畑のすぐ隣に生える
コナラや、近所の野川公園のマテバシイや
クヌギ、外国産のナラでも発生しています。
事故防止のため、都内の公園などでは、これ
から枯死木の大量伐採が行われるでしょう。

まだまだ解明されていないことも多いナラ
枯れですが、自然界全体で見た場合、
こちらの方が、人間界のコロナ禍より
もっと大きな問題かも?しれません。

ナラ枯れ、シカ害、台風被害…心配事は
つきませんが、悩んでいても始まらない、
引き続き、手を動かしましょう。11月と
12月の活動予定は以下のとおりです。




11月8日(日)どんぐり畑で種まき
・富士山で拾ったミズナラ&ブナの種を
 蒔きます。9:00〜15:00。半日参加の
 方は午前中にどうぞ。
・雨天中止。その場合は12月13日(日)
 に種まきを行います。



11月29日(日)久留里の下刈・シカ対策
・機会組は作業道&斜面の下刈りの続き。
 手鎌組はシカ害対策、蔓切り、笹刈り。
・新宿駅西口8:00発。(乗合レンタカー)
・自車参加の方は… 9:30現地、または
 9:00「JAきみつ・味楽囲おびつ店」で
 待ち合わせ、でお願いします。
・日程変更、コロナ対策の密回避、その他
 調整ありますので、参加ご検討の方は
 必ずご連絡をお願い致します。




12月13日(日)畑作業でどんぐり納め
・今年最後の作業です。まだ苗は冬眠に
 入っていないと思いますので、年内は
 落ち葉かきや防草シートの撤去など、
 年明けから始める掘り上げの準備を
 行います。
・9:00〜15:00。雨天中止です。



DSC_0195.JPG
こちらは久留里。冬を前にシカ害対策の幹巻を進めています。
特に食べられやすいヤマザクラとカエデは重点的に。


posted by ドングリッチ at 22:38| 東京 ☁| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月30日

この秋の作業について


ようやく涼しくなり、
今のところ台風も少なめ…。
このまま穏やかな秋でありますよう。



DSC_0128.JPG



今年も「ドングリなどの木の実が不作で、
クマが里におりてきた…」とのニュースが
各地から報じられています。

先日、久留里の手作りお惣菜屋さんの店先に
「栗ご飯あります」との張り紙を見つけた
ので、お店に入ったものの、売り切れ。
明日はありますか?と店のおじいさんに
聞いたところ「今年は栗が全然ダメだから
作れないかもなぁ」とのこと。

栗、ドングリ、ブナ等の堅果には、凶作・
並作・豊作の周期があり、地域や樹種に
よって、実のなり具合は毎年まちまちです。
さらに今年は長い梅雨、その後の酷暑が
どう影響したのか…。




DSC09306.JPG



山に植える苗を育てるため、ドングリを
拾わねばならないドングリの会。実のなり
具合はクマに負けず気になるところ。

特に、今後も富士山に植えるミズナラや
ブナは、実のなる年とならない年の差が
大きく、拾えるのは数年に一度。もし豊作
だった場合は、たくさん拾っておく必要が
あります。そろそろ、なり具合、落ち具合を
チェックしに行って来ようと思います。
豊作だった場合は、種拾いに出かけます。




DSC_0464.JPG



10月の活動予定は以下のとおりです。


10月11日(日)富士山のシカ害対策
・シカ害対策の幹巻や苗に絡むツル退治。
 ドングリが拾えそうな場合は種拾いも?
・新宿駅西口7:30発。
・自車で参加される方は…
 10時「表富士グリーンキャンプ場」集合
・よっぽど悪天予報でない限り行きます。
 山の天気。現地の天候は行って見ないと
 分からないため、雨ガッパご用意下さい。
 現場の標高約1,000m。寒いかもしれない
 ので、上着や着替えも。




10月25日(日)久留里の下刈り
・機械組はひたすら作業道を開通させる
 下刈りを続けます。手鎌組はシカ害対策、
 ツル切り、笹刈りなどを行います。
・新宿駅西口8:00発。
・自車で参加される方は…9:30現地、または
 9:00「JAきみつ・味楽囲おびつ店」待合せ
 でお願いします。
・スケジュール変更の可能性もありますので
 参加ご検討の方は、必ず事前連絡ください。




ちなみに…11月の活動予定は
・11月8日(日)?山?畑?
・11月29日(日)富士山か久留里?
スミマセン、まだ未定です。


 

DSC_0455.JPG








posted by ドングリッチ at 22:26| 東京 ☁| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

9月の作業予定。


残暑も厳しいままに、台風シーズン。
台風10号が九州に向かっていますが、
どうか被害が出ませんように…。




DSC05202.JPG
2012年11月。山中湖を挟んで大平山(1,295m)からの富士山。



今年の畑には小さな苗が少なく、草むしりは
なんとか間に合っています。なので、9月は
山での作業を予定しています。



9月13日(日)富士山のシカ害対策
・涼しくなっている…だろう富士山でシカ害
 対策の幹巻です。食べ物が少なくなる前に
 苗をガードしておきましょう。7月後半の
 スタッフ作業で、作業道の下刈りはほぼ
 終わっていますので、取れかかっている
 麻布を巻き直しながら、苗に絡む蔓退治。
・新宿駅西口 7:30 発(乗合レンタカー)
・自車で参加される方は、
 10:00「表富士グリーンキャンプ場」集合。
・ただし、残暑が厳しく、1日作業するには
 まだ暑いようなら10月11日(日)に延期。
 ですので、参加ご検討の方は、かならず、
 ご連絡下さいますよう、お願い致します。




9月27日(日)久留里の下刈り
・今年はあまり下草刈りができてないので、
 機械組はひたすら作業道を開通させ、
 手作業組はシカ害対策&ツル切りを。
・新宿駅西口 8:00 発(乗合レンタカー)
・自車で参加される方は… 9:30 に現地、
 もしくは、9:00「JAきみつ味楽囲
 おびつ店」待ち合わせでお願いします。
・天候などにより、日程変更の可能性も
 ありますので、ご検討の方は、必ず
 事前にご一報ください。




ちなみに、10月は…
・10月11日(日)行き先:未定。
 今月の富士山が延期になったらこの日。
・10月25日(日)行き先:未定。
 種拾いには、ちょっと遅いかな?




今年の苗畑に、小さな苗が少ない…という
ことは、逆に言えば、数年後、山へ植える
苗が少ない年がある…ということなので、
この秋は山でドングリを拾って、蒔きたい
ところです。東北や日本海側では、すでに
ドングリ凶作との情報が散見されますが、
東京ドングリの活動地である富士山、水上、
くろほねエリアなどはどうでしょうか?
近々、種拾いの下見にも行こうと思います。




どうか、この秋は台風の被害がなく、
実り豊かな季節になってくれることを
祈るばかりです。




DSC00301.JPG


posted by ドングリッチ at 15:54| 東京 ☀| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

8月の作業予定


 雨量多く、期間も長め…今年の梅雨。
 短い夏の、短い夏休み、でしょうか。
 梅雨明け直後の猛暑に気をつけて、
 なんとかこの夏を乗り切りましょう。



 DSC_0006 2.JPG


8月は2回の畑作業を予定していましたが、
大学からの連絡で1回しかできないことに
なりました。現在、確定しているのは…

 8月29日(土) 9:00〜15:00 です。

8/1(土)は入構禁止となり作業中止です。
ただ、8月末に1回だけの作業だと、9月の
草むしりが大変なので、場合によっては、
大学と調整したうえで、平日作業を行う
かも?しれません。

8月29日の草むしりは、前夜の天気予報で
東京の最高気温が「33℃」以上となった
場合は、暑いので中止とします。


DSC_0039.JPG




【作業報告】富士山の下刈り


7月18日に予定していた富士山の下刈り&
シカ害対策ですが、雨天中止としました。
スタッフ2人は作業道をキープするため、
刈り払い機をまわしてきました。



DSC_0004.JPG


車を降りてお弁当広場に続く道は、
毎年2回は刈っているので、そこまで
ススキなども伸びていませんが、一応、
上↑before、下↓afterの図です。


DSC_0029.JPG



ザーザー降ったり、シトシト降ったり…
終日カッパを着たままの草刈りでしたが、
涼しい程度(カッパを着ていれば)の
気温で寒くなく、雷が鳴らなかったのは
助かりました。

また、この日はカッコウやウグイスが
しきりに鳴いていたり、薄日が差した
時には、アサギマダラがひらひらと、
オオセンチコガネがぶ〜〜んと、すぐ
近くを飛んでくれたりと、一息つく
タイミングをくれました。



DSC_0034.JPG
↑ コロナの影響で、この春、植付けすることが
できなかった大苗たちは、柵の中で葉を広げ
ています。一部の苗が少し傾いていますが、
豪雨の影響でしょうか。西日本で豪雨災害が
発生していた時、富士山の南側にも土砂災害
の警報などが出ていました。幸いにも、現場
までの林道は崩れておらず、助かりました。



DSC_0051.JPG
↑ お弁当広場の片隅に柵を作って、その中に種を
蒔いて経過観察中の苗たち。ミズナラとホオは
確認できましたが、キハダやヤマボウシの姿は
見えません。2年目の今年、ぐーんと大きく
育って欲しいけど…。



9月の活動予定が決まりましたら、またお知ら
せします。台風の季節になりますし、その頃、
コロナがどうなっているか…心配ですが、
どうか、穏やかな秋がやってきますように。



DSC04031 3.JPG
いつも現場でお弁当を食べながら眺めている駿河湾ですが、
反対側(西伊豆)から、少し距離をとって見るとこんな姿。








posted by ドングリッチ at 15:51| 東京 ☁| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

まずは畑の草むしり。


        作業を再開しましょう



DSC_0015.JPG



梅雨入り発表の前日、苗畑のある大学から
入構の許可がおりたので、今年初めての
草刈り(刈払機)を行いました。3ヶ月近く
畑に行かなかったのは、どんぐり史上、初。

さすがに、草もかなり伸びてるだろうなあ、
と心配していました(例年、5月に2回は
刈払機をかけているので…)。ですが、
思っていたよりも草の伸びは少なく、上の
写真のように、冬は日向ぼっこしながら、
みんなでお茶する丸太のテーブル&イスは
緑の海に沈むことなく、まだぎりぎり顔を
出していました。

この夏も、気温高め、の予想が出ています。
コロナと熱中症に注意しながら、コツコツと
森づくり活動に勤しみたいと思います。



 2012年7月31日.JPG



都道府県をまたいだ移動が解除になりました
ので、山での作業も再開したいと思います。
7月18日(土)富士山を予定しています。
昨年の富士山での下刈りは9月でしたが、
最初の下刈りがそのタイミングでは、
ちょっと遅かったので、今年は早めの
7月に行いたいと思います。

9月以降は、久留里も再開し、まだ終わって
いない昨秋の台風で倒れた木の片付け、
作業道の草刈り、シカ害対策の幹巻などを
行いたいと思います。

今後の予定は以下のとおりです。



7月18日(土)富士山の下刈り
・機械組はひたすら作業道確保の下刈り。
 手鎌組はシカ害対策の幹巻作業メイン。
・新宿駅西口 7:30発。
・自車で参加される方は、
 10時「表富士グリーンキャンプ場」集合
・参加ご検討の方は必ずご連絡ください。


8月1日(土)& 29日(土)畑の草むしり
・畑の周りには機械をかけましたが、畝の
 草むしりは遅れぎみです。梅雨時は草も
 どんどん伸びるので、ひたすら草むしり。
・9:00〜15:00。少雨決行。荒天中止。
・帽子、飲み物ほか、暑さ対策お忘れなく。
・前夜の天気予報で、東京の最高気温が
 33℃以上と出た場合は作業を中止します。



☆コロナ状況が悪化したら…
・畑の作業は再開しましたが、まだ大学は
 原則、立入禁止です。作業日と人数を
 その都度、申請して許可を得ています。
 今後、コロナ状況が悪化した場合は、
 再び、作業ストップになる可能性が
 あります。
・畑の作業も山の作業も、実施するか否か、
 ご心配な方は、お気軽にご連絡ください。




 DSC_0009.JPG



梅雨の雨は、シトシト降る…イメージですが、
雨はザーザー、風もビュービュー。すでに
日本各地で台風並みか、それ以上の被害が
出ています。さらなる被害が出ないことを
祈りつつ、まずは自分でできる「備え」を
進めなければなりません。

posted by ドングリッチ at 23:44| 東京 ☀| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

しばらく作業はお休みです。

 
              新緑から深緑へ



DSC09795.JPG



街でもやわらかな緑がほころび、光あふれる
季節となりました。あまり人に見られること
なく地味に咲くコナラやクヌギの花も受粉を
終え、梢に小さなドングリが実りだす頃。
新芽の淡い緑も、次第に濃く厚く葉を広げ、
涼しい木陰を作ってくれるように。。。


野良仕事日和…な、陽気が続き、お天気が
もったいないな〜と青空を見上げるGW
ですが、作業はしばらくお休みです。


【畑】
 現在、苗畑のある大学は立入禁止です。
 例年であれば、GWから草むしりを始め、
 畝の周りにも刈払機をかけますが、今年は
 いつ草むしりがスタートできるか未定です。
 幸い、昨秋は種まきをしてないので、発芽
 したての苗はありません。それでも、梅雨
 に入る前、一度は草むしりしたいところ…。




【山】
 隣の人と20メートル、いや200メートル?
 のディスタンスをとって作業することは
 可能ですが、どの現場も県をまたいでの
 移動となりますし、新宿駅発の乗り合いを
 利用される方は、電車やバスを使うことに
 なりますので、山の作業も一時中断です。
 基本的に山で急ぎの作業はありません…
 竹退治を除いては。竹退治だけは、今!
 やっておきたいので、ワタクシ行って
 参ります。




 DSC06864.JPG



久留里の植樹エリアには、隣の人工林から
毎年、次々と孟宗竹が侵入してきます。
イノシシが筍の段階でほとんど食べてしまい
ますが、急な斜面や丸太を積んだボサの
中から生えた筍は食べられず、ぐぐーんと
成長します。10mになった竹をノコギリで
切って片付けるとかなりの労力がいるので
蹴り倒すか、手で折れる程度の大きさの
うちに退治しておかねばなりません。


例年、5月末頃までポコポコと出てきますが、
暖冬に加え、4月の記録的な雨量の影響で
今年の生え具合、伸び具合はいかに?


ちなみに…
去年から今年にかけて、日本の各地で竹の
開花がみられるようです。開花の周期が
80年とか120年とも言われています。もし
見られたら4年に一度のオリンピックより
貴重なことかも!?しれませんね。まさに
一生に一度。久留里の竹はどうでしょうか?



DSC07419.JPG






posted by ドングリッチ at 14:57| 東京 ☀| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする