2019年11月13日

11月の作業

    久留里の倒木処理
        &
    富士山の林道修復

酷暑の中で願った穏やかな秋の訪れは、
叶いませんでした。9月9日の台風15号、
10月12日の台風19号、25日の台風21号。
各地に爪痕を残した記録的な、風と水。




DSC_0143.JPG
久留里・植樹地の林道を塞ぐエノキとヤマザクラの片付け。



東日本の広範囲に大きな被害をもたらした
19号ですが、こと久留里の現場に関しては
「コンパクト」にエネルギーが凝縮された
15号の暴風による被害が圧倒的に大きな
ものでした。21号の影響を受けた豪雨も
林道が多少えぐれはしましたが、現場に
大きな被害はありませんでした。




DSC_0126.JPG
スギの枝を使って林道に溜まった枝葉や土を掃きました。



富士山の林道もダメージを受けています。
現場へ行くための林道を車が通れるよう
作った土嚢袋は120個ほど。一部ルートは
通行止め。業者さんが重機を使って整備
してくれたため、この程度の数で良かった
ものの、それが無ければ、お手上げだった
かもしれません。



DSC_0004.JPG
この時期の富士山の雪は積もって融けて…の繰り返し。



この秋から冬にかけて、もう少し台風被害の
片付けをしながら、来春に向けた植え付け
準備となりそうです。11月の作業予定は、
以下の通りです。


11月24日(日)久留里の倒木処理続き

・もう大きな倒木はありませんが、幹が
 裂けてしまったヤマザクラなど、鋸を
 使いながら片付けます。時間があれば、
 冬を前にした幹巻きテープなども。
・新宿駅西口8:00発。現地集合9:30頃。
・少雨決行。雨天中止の場合は電話連絡。


※ 10月27日に予定していた「くぬぎ平」の
 作業は12月8日(日)へ延期予定です。
※ 11月10日の作業は、急ぎの作業も
 無かったため中止としました。

12月の作業は…
・12月8日(日)くぬぎ平の整備
・12月15日(日)畑で作業納め
…を予定しています。



DSC_0015.JPG
1年ほど前に富士山の現場に蒔いたミズナラはちゃんと発芽していました。


posted by ドングリッチ at 20:56| 東京 ☁| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

10月の作業予定。

    今年はドングリ不作の年!?

      10月の作業は
     久留里 & くぬぎ平
      もしくは、種拾い?


DSC_0239.JPG
作業道の脇に実生で生えたこのヤマザクラも
幹が裂けてしまいました。


10月14日(月祝)久留里の倒木処理
・千葉県君津市久留里。林道がまだ倒木で塞
 がっているので、現場に入れません。チェ
 ーンソーとノコギリで開通させます。
・房総方面の被災後の渋滞がどれほどか分か
 りませんが、3連休&行楽シーズンなので、
 いつもより少しだけ早出早戻りにします。
・新宿駅西口 7:30発。現地集合 9:00頃。
・雨天中止。
・間伐作業よりも倒木処理の方が危険です。
 倒れた木、かかり木の下に入らないように。


DSC09703.JPG
2011年9月くぬぎ平での下刈り作業。今では苗も大きく育ち、
もうこのお弁当広場からの眺望はありません。


10月27日(日)くぬぎ平の整備 or 種拾い?
・茨城県の筑波山のお隣、くぬぎ平の植樹地
 を整備します。作業道の下刈り、ツル切り
 メインの作業です。特にクズ退治。
・もし、ブナの種が拾えそうな場所が見つか
 れば、種拾いに変更する可能性があります。
 なので、この日の作業に参加ご希望の方は、
 いずれにしても、必ずご連絡下さい。
・新宿駅西口 7:30発。現地集合 10:00頃。
・少雨決行。荒天中止の場合は電話連絡。



DSC09626.JPG
同じ2011年9月くぬぎ平。苗に絡んだクズを
みんなで引きずり下ろしました。


ちなみに…11月の作業予定は、
・11月10日(日)畑か山
・11月24日(日)山   
…の予定ですが、行き先は思案中です。

posted by ドングリッチ at 16:20| 東京 ☀| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

台風15号のあとの久留里

   9月20日、台風が去って12日。
     千葉県君津市久留里の
     植樹地を確認しました。



高速のインターを降り、久留里駅に向かって
走っていると、災害派遣の自衛隊、他県ナン
バーの電力会社の車、高所作業車、パトカー、
消防車、給水車…とすれ違うことが多く、被
災地に入ったことを実感します。まだ斜めに
なったままの電柱、発電機で動いている信号、
市役所分所で給水を受ける方々、やっと電気
と水道が揃って、今日から営業を再開する、
というお店…など、メディアでも報道されて
いる町の様子が目の前に広がっていましたが、
ドングリの会が森づくりを行なっている
久留里の現場の様子はというと…


DSC_0163.JPG
ここはどこ?いつも通っているゲート手前の林道です。写真の中央で
作業しているスタッフは林道の真ん中に立っています。


DSC_0292.JPG
溝ぐされ病にかかっていたと思われるスギは幹の途中から折れています。


恐れていたほど、延々と続く倒木…という
わけではありませんでしたが、それでも
ゲート手前の林道を塞ぐ木は大小合わせて
20本ほど。例年、台風が来ると4〜5本の
倒木を片付けることはありますが、この数、
この太さ…の木はさすがに今回が初めてです。



DSC_0273.JPG
ゲート近くには、何本かの太いスギが根を浮かせて倒れていました。
枯れた木も元気そうな木もほとんどが北に向かって倒れています。


DSC_0187.JPG
ゲートに辿り着いた頃には、もうチェーンソーも諦めて、ひとまず、
どれだけ倒木があるのかの確認だけ、することにしました。


現場の斜面では、スギと一緒に伐採されずに
残った大きな木は太い幹の途中から折れてい
ました。自然に生えた木なので、根は十分に
張って持ちこたえたのでしょうが、立派な
樹冠が逆にあだとなり、もろに強風を受けて、
幹が途中から折れてしまったものと思われます。
そこまで大きく育っていない植えた苗も、
根から倒れたり、カミキリムシが出てきた
箇所からボキッと折れたり。


DSC_0208.JPG
林道を塞ぐ大きなエノキ。自然に生えた木で、スギの人工林だった頃から
生えていたもの。スギが伐られ、周りにもたれ合う木がなくなり、
風速50m/秒近い風をひとりで受けたためと思われます。


DSC_0236.JPG
カミキリムシにやられた箇所から折れた植樹したクヌギ。
カミキリムシに穴を開けられると、雪が積もっても折れ、
台風が来ても折れ…シカの食害と同様に死活的な問題。


台風という、ごくごく普通の自然サイクルの
ひとつ…ではありますが、それでも毎年毎年、
そばを通るたびに、大きくなったな、と声を
かけながら成長を見守ってきた木々が、幹を
割かれて折れているのを見るのは、それなり
の心的ダメージです。



DSC_0229.JPG
幹の太さが親指よりもちょっと太いくらいの頃から見守って来たヤマザクラ。
ようやく春にはたくさんの花を咲かせるようになって来たのですが…残念至極。


幹が折れてしまった木でも、根は生きている
ので、根元から「ひこばえ」が出てくるとは
思いますが、幹巻きテープを巻けない細い
うちに、ほとんど鹿に食べられてしまうため、
復活するのは難しいかもしれません。


この秋は、倒木の片付けをしながら、
来春の補植の準備となりそうです。



DSC_0258.JPG
台風で傾いた苗のそばでは、ハンミョウが捕まえたコオロギ?をモゴモゴと
食べていました。秋の陽に輝く極彩色。明日へのミチシルベ。


posted by ドングリッチ at 16:23| 東京 ☁| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

今夏の富士山は9月です。


8月のどんぐり畑と9月の富士山


DSC_0111.JPG



日照時間が心配されるほど、梅雨らし過ぎた
今年の梅雨…。明けたと思ったら、一転、
台風と猛暑に襲われています。



8月18日(日)どんぐり畑の草むしり
・9:00〜12:00 午前中のみ。小雨決行です。
・東京の予想最高気温が「33℃」となった
 場合は「猛暑中止」とします。



畑や山の作業に参加られた方々にお届け
している会報「どんぐりぷれす」では、
上記のように案内差し上げていますが、
現在(8月15日)、18日の予想最高気温が
「38℃」となっていますので、おそらく
「猛暑中止」になるかと思います。
ご無理されませんよう。




DSC09485.JPG



例年、8月の第1週に富士山での下草刈りを
行なっていましたが、今年は少しずらして
9月に行きたいと思います。



9月1日(日)富士山の下刈り&鹿害対策
・新宿駅西口 7時 出発。現地へ自車で
 行かれる方は富士山スカイライン沿い
 「表富士グリーンキャンプ場」10時の
 集合でお願いします。
・新宿発の乗り合いの方も、自車の方も
 必ず、ご連絡ください。
・小雨決行です。荒天中止の場合は、
 ご連絡差し上げます。
・作業道確保の下刈り、昨秋、現地に
 蒔いた種の発芽状況の確認、鹿害
 対策の幹巻き…等を行います。




DSC_0073.JPG
作業道を線で刈って行きます。



DSC_0075.JPG
大きくなったブナにも幹巻き。



局地的豪雨、台風…また富士山の林道が
崩壊して通れなくならないか心配です。
台風はそこそこに、穏やかな秋らしい秋が
来てくれるよう、みんなで富士山に迎えに
行きましょう。


posted by ドングリッチ at 16:41| 東京 🌁| CSR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

6月の作業予定

関東は6月7日、梅雨入りしたようですね。
梅雨らしくシトシト…というより、結構な
ザーザー降り。大きな被害が出ないことを
祈るばかりです。

DSC_0275.JPG

今月の作業予定は以下のとおりです。



6月9日(日)どんぐり畑の草むしり
・草むしり、草むしり。ヤブガラシや
 カナムグラなどのツルを早めに退治
 しましょう。
・9:00〜15:00。雨天中止。



6月23日(日)久留里の下刈り
・山の下刈りも本格化。刈払機で林道、
 作業道の下刈り。手鎌での下刈りは
 大苗に絡みつくフジやアケビの蔓を
 切りながら。必要に応じてシカ害
 対策の幹巻きテープの付け直しも。
・新宿駅西口8:00発。現地集合9:30頃。
・梅雨に入っているため、基本的には
 「雨天決行」です。荒天の場合は
 中止にしますので、参加希望の方は、
 必ずご連絡ください。中止の場合は、
 こちらから連絡します。



6月&7月の平日作業・どんぐり畑
・6月21日(金)9:30〜12:30
・6月29日(土)9:30〜12:30
・7月5日(金)9:30〜12:30
平日作業は「雨天中止」です。



まだ体が蒸し暑さに慣れていない時期
ですから、畑も山も、作業の際は、
各自でも休憩を挟みながら、無理せず
行いましょう。飲み物、虫除け、
着替えなど、暑さ対策を忘れずに。



DSC07025.JPG
蚊も出てきました。虫除けもお持ちください。
posted by ドングリッチ at 16:18| 東京 ☔| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

ヘビについて

梅雨入りも差し迫り、だんだんと蒸し暑い日が
多くなってきました。これから畑も山も草むしり
シーズンに入りますが、現場で遭遇することが
多くなるヘビについて、昨年の秋、スタッフが
参加した「マムシ・ヤマカガシ対策」研修を
もとに、かいつまんでお伝えしようと思います。

その研修は…群馬県太田市にある「ジャパン
スネークセンター」の(財)日本蛇族学術
研究所で行われた研修です。



DSC01133.JPG
アオダイショウ(どんぐり畑)


三鷹市(東京)にある苗畑では、アオダイショウ、
シマヘビ、ヒバカリを見かけます。この3種類は
毒を持たないので、サイズが小〜中のヘビの時は
捕まえて、子供たちと観察してます。おとなしい
アオダイショウと比較して、ヒバカリは30pほど
と小さくて可愛いのですが、性格はかなり強気で
大きく口を開けて、噛み付いてこようとします。



DSC06932.JPG
シマヘビ(どんぐり畑)


先月の畑作業でも、アオダイショウとシマヘビが
ニョロニョロと出てきました。畑にはヘビのエサ
となるトカゲやカナヘビなども多く、雑木林や
野川公園なども近いのでヘビには棲みやすい環境
なのでしょう。



DSC09738.JPG
ヤマカガシ(千葉県勝浦市)


さて、問題は毒を持つタイプのヘビ。まず、
ヤマカガシ。三鷹市の苗畑であまり見かけません。
久留里の斜面で、たまに見かけます。ヤマカガシ
の毒は、口の奥にある歯の根元付近から出てくる
ため、ガブッと大口を開けて噛まれない限り、
毒が体に入ることは少ないようです。

ただし、万が一、ヤマカガシに噛まれた場合は、
血清の手配が困難で、治療が後手になるため危険。
また、後頭部・首のあたりには毒を貯めた袋があり、
叩いたりすると破裂して飛び散ることがあるので、
注意が必要です。


そして、実際には一番問題なマムシ。日本でヘビに
噛まれて亡くなる方は年間10人ほどですが、その
ほとんどがマムシによるもので、被害者は65歳以上。



DSC08826.JPG
マムシ(水上)


マムシは他のヘビと比べ、あまり逃げてくれません。
アオダイショウやヤマカガシなどは、少し近づく
だけで逃げていきますが、マムシは結構、じーっと
したまま、こちらを伺っているような感じ。肌色も
落ち葉や土の色と近いため、気づきにくいです。
久留里では数年に1回見かける程度ですが、いつも
切り株の中や側でじっとしています。幹巻きテープ
を付け替える時など、草の中に手を突っ込む時は
できるだけ確認してから作業した方がいいですね。

マムシに噛まれた瞬間の痛みは、虫刺され程度…の
こともあるそうです。肌をチッとかすめるように、
歯があたり、その瞬間にわずかに毒が肌に入る…。
マンガで描いたように、ガブッと噛み付いたまま、
というのはあまりないそうです。

噛まれた跡は、赤い小さな点が1つか2つ残ります。
(ヤマカガシは赤い点が列状に並びます。)そして
噛まれた箇所と周りが腫れてきたら、まずマムシ。
至急、手当が必要です。山で噛まれ、都内に戻って
きてから、痛みと腫れが気になって病院に行った
ものの、経験値の少ない都心の病院では、原因の
確定とその後の対応が遅れる…というのが、最悪の
パターンと思われます。もし、咬まれた可能性が
ある場合は、すぐスタッフに教えてください。



DSCF6950.JPG
マムシ(久留里)


幹巻き作業の際には、必ず手袋をしましょう。
マムシの牙の長さは5ミリほどなので、布が一枚
あるかないかでも、大きく変わります。万が一、
噛まれた場合、それがマムシなのか、確認すること
ができればいいのですが、二回噛まれてしまうと
重症化する可能性が格段に高くなるそうなので、
まずは距離を取ることが大事です。

マムシは跳びかかってくる…と言われたりしますが、
そんなことはないそうです。ジャンプはしません。
勢いよく体を伸ばす程度なので、どうしても、
邪魔な時は、長い棒を使ってヒョイと遠くにやれば
済みます。無意味に殺す必要もないでしょう。

どのヘビも地域によって色や模様が違ったり、
「黒化型」という全身真っ黒でパッと見では区別が
つかないタイプもいるそうです。おとなしい…と
言っても、個体によって性格も変わります。なので、
やはり基本的には、ヘビさんにはどいていただく…
のがベストと言えるでしょう。



DSC01131.JPG
アオダイショウ(どんぐり畑)


ちなみに…今回、スタッフが参加した研修では、
ヘビの生態や、咬まれた時の対処法などを知る
座学のほか、生きたマムシの口を開けて、牙の
位置、そこから黄色い毒液が出てくる様子なども
観察しました。生きたマムシを使って、トングで
掴んで移動させる練習?も。

ジャパンスネークセンターは、海外の大きな
ヘビも展示しているヘビの動物園みたいな施設
です。研修に参加しなくても、ハブの採毒作業を
見学できたり、ヘビを抱っこしたりもできます。
これから夏に向けて、近くにある群馬県立の
「ぐんま昆虫の森」とあわせて、ご家族で遊びに
行ってみるのもオススメです。




posted by ドングリッチ at 17:36| 東京 ☀| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

5月の作業は25日(土)の苗畑です。


春の植付け&植替えはひと段落。
夏の草むしりシーズンに…。



DSC06634.JPG


この春は全体を通して振り返ってみると比較的
穏やかだった(東京では)…ように感じますが、
山での植付け作業は大変でした(泣)。

2月から4月にかけての久留里2回、富士山1回は
雨または雪。延期しても雪に降られたり、中止に
なったり…。

それでも、畑の作業は悪天に邪魔されることなく
順調に進んだので、目標にしていたチビ苗の
植え替えも3月中に無事に終了しました。



2017年5月.JPG


そろそろ、草むしりをスタートする時期です。
特に、昨秋〜冬に種を蒔いた畝は、早め早めに
草むしりして、新しく生えてきた苗にお日様を
当ててやらねばなりません。ツルが伸びると
厄介なヤブガラシやカナムグラも、今のうちに
退治しておきたいところ…。この時期は、まだ
それほど蚊もいませんから、気持ちよく作業が
できると思います。どうぞ、新緑が気持ちいい
初夏のどんぐり畑にお出かけください。



DSC06576.JPG


5月25日(土)どんぐり畑(東京都三鷹市)
・9:00〜15:00。雨天中止です。
・おもに草むしり中心の作業です。そのほか、
 防草シート張り、道具の片付けなども。
・午前のみ、午後のみでも結構です。
 終日ご参加の方は、お弁当をお持ち下さい。
・飲み物、帽子、虫除け、日焼け止めなど
 ご持参ください。


ちなみに…6月の作業予定は。。。
・6月9日(日)どんぐり畑の草むしり
・6月23日(日)久留里(千葉県君津市)

の予定です。変更の可能性アリ。



posted by ドングリッチ at 17:00| 東京 ☁| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

4月の作業予定

4月は「くぬぎ平」と「富士山」の2本立て!


150412.JPG
くぬぎ平に咲くヤマザクラ。


近年は暑くて長い夏ばかり強調され、春と秋が
短くなったように感じられることが多いように
思いますが、今年の東京は3月から4月にかけて
春らしさを楽しめる日が、ちゃんとある、気が
します。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。



2月の久留里(千葉)、3月のくろほね(群馬)に
ひき続き、4月は「くぬぎ平」(茨城)と富士山
(静岡)に出かけようと思います。



080608.JPG
2008年6月撮影のくぬぎ平。今では周りの苗も大きく育ち、このような見晴らしはありません。


4月7日(日)くぬぎ平
・昨年、作業をお休みした茨城県は筑波山のお隣
 「くぬぎ平」。来年で苗を植えてから20年に
 なります。2015年の春にも、一度、お花見と
 称し、どれくらい育っているのか経過観察に
 行きましたが、あれから4年、特にヤマザクラの
 並木がどれほど花を咲かせているか、確認に
 行きたいと思います。
・森を見学しがてら、ツル切り程度の軽作業?は
 しようかなと思っていますが、ハードな作業は
 行いません。「作業はちょっと大変だけど、
 久々に生長具合を見てみたい…」という方も
 是非是非、ご参加ください。
・新宿駅西口8:00発。現地集合10:00頃。



DSC_0016.JPG
崩落道路の補修工事も終わって、従来の手前からの道、新しく開通したトンネルを抜けて反対側から上がってくる道、両方とも通行できるようになりました。


今年の植付け、あいにく雨と雪に降られていますが、
くぬぎ平のお花見は晴れて、ヤマザクラも満開で
あることを祈るばかりです。富士山の植付けも…。



DSC_0031.JPG
今年の富士山は積雪が少なめ?標高約1000mの現場も、イノシシによる掘り跡が年々、増えてきたように感じます。


4月14日(日)富士山:大渕植樹地
・東京の苗畑ではミズナラやブナの苗がうまく
 育たなかったり、地元の苗木屋さんからも
 入手が困難だったり…と、なかなか思うように
 富士山での植付けができていませんが、この春、
 種から育てたホオなど、何十本か?植えたいと
 思います。
・シカの食害は相変わらずなので、いつものように
 麻布の幹巻き、支柱立ても行います。
・新宿駅西口7:30発。自車の方は、富士山スカイ
 ライン沿いの「表富士グリーンキャンプ場」に
 10:00頃の待ち合わせでお願いします。
・現場へ行く林道の入口:ゲートは施錠されており、
 一般車は入れませんので、ご参加希望の方は、
 必ずご連絡ください。一緒に移動しましょう。



DSC_0064.JPG
今回植える苗は2月のうちに現地へ移動して仮植え済みです。すでに芽吹き始めた東京の苗より、ひと月ほど長めの冬眠になりますが、こちらもまもなくお目覚め。



posted by ドングリッチ at 18:02| 東京 ☀| CSR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

次回の久留里の植付けは3月3日(日)です。

 久留里の植付け1回目 
 無事に?終了しました。



DSC_0061.JPG


この冬は雪に降られず、作業の進み具合は
順調・順調と思っていたのに、あろうことか
肝心の山への植付け当日、雪に降られて、
延期になってしまいました。2月9日に予定
していた作業は、予備日の11日に変更。
それなのに、11日も…というより、
11日の方が、もっと雪(悲)。

久留里周辺は高速道路も一般道も、なんとか
ノーマルタイヤで走れる程度の雪でしたが、
現場の林道は、スタッドレスタイヤでないと
通れない状況。9日に降った雪が残っていた
日陰の坂道などが数カ所あるためです。
里と現場の標高差は100mほどなのですが、
里は雨、現場は雪…という日が、ここ久留里
では結構あります。


DSC_0090.JPG



すでに苗を山に移動していたため、これ以上
延期はできません。「こんなことなら、
9日に植えちゃった方が良かったかもね」と
笑いながら、雪の降る中、植付け、幹巻き、
支柱立てを行いました。

次回の久留里の植付けは、3月3日(日)です。
コナラ、クヌギ、クリ、カエデ、ヤマザクラなど
80本ほどの苗を植える予定です。今シーズンの
久留里での植付けはこれで終わりですので、
みなさんどうぞご参加ください。



3月3日(日)久留里の植付け2回目
・前回の斜面の続きに補植を行います。広葉樹の
 大苗約80本。シカ害対策の幹巻き、支柱立ても。
・新宿駅西口 8:00発。現地集合 9:30頃。
・雨天の場合 → 10日(日)に延期します。
・当日の天候、準備段階での天候などにより、
 日程が変更になる可能性もあります。自車で
 参加される方も、必ずお申し込みお願いします。
 変更がある場合、前日お昼までにご連絡します。



3月17日(日)どんぐり畑の作業
・苗の植え替え作業の続きを行います。
・9:00〜15:00。雨天中止です。
・午前中のみ、午後から…でも結構です。
 お好きな時間にご参加ください。



DSC_0010.JPG






posted by ドングリッチ at 21:31| 東京 ☀| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

1月このあとの作業予定

新しい年が明けて3週間。ここのところ
東京はず〜っと晴れているので、苗の
掘り上げをコツコツ進めています。



DSC_0011.JPG


少しは雨も降ってほしい…感じもしますが、
晴天続きで作業は捗っています。ただ、
毎年のことではありますが、山へ持って
いく大苗の掘り上げだけではなく、間隔を
とって植え直しが必要な小苗もたくさん
ありますので、余裕がある…というわけ
ではありません。むしろ、毎年、葉が
開いてから植え替えしている苗もある
くらいなので、やはり、早め早めに
作業を進めねばなりません。



DSC_0038.JPG


最近は、参加される方もちょっと減って
いるので、ベテランさんが頑張ってくれて
いますが、初めての方、久々の方も、
ぜひ、ご参加ください。このあとの
作業予定は以下のとおりです。



1月27日(日)どんぐり畑
・苗の掘り上げ、落ち葉の堆肥づくり
・9:00〜15:00。雨天中止です。



2月9日(土)久留里の植え付け
・久留里(千葉県君津市)の山に
 植え付けします(補植)。
・新宿駅西口発 8:00。現地集合 9:30
・初めての方もお気軽にご連絡下さい。
 どなたでも新宿から乗り合いで、
 行けますし(交通費大人1,000円)、
 自車の方は現場手前のJAきみつ
 「味楽囲おびつ店」で待ち合わせ
 などもできます。
・雨天の場合は、2月11日(月祝)に
 延期します。
・ご参加希望の方は必ずお申し込み
 お願いします。



平日作業(9:30〜12:30。雨天中止)
・1月24日(木)、26日(土)
   31日(木)
・2月も平日作業を予定していますが、
 曜日&時間についてはあらためて。



DSC_0081.JPG


最近、どんぐり畑ではお昼休憩や作業が
終わったあと、よくコマが回っています。
お持ちの方、ご一緒にどうぞ。


posted by ドングリッチ at 14:17| 東京 ☀| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする