2018年03月22日

4月8日 ヌルデ退治&ツル切り

下刈りステージ終了。
今は除伐の段階です。



DSC_0092.JPG


2006年の秋に地拵えをスタートして、
2007年の春から植樹を行なった群馬県
安中市の「霧積」植樹地。いま現在は、
みんなで植えた苗と、自然に生えてきた
実生苗が、ほどよく?混在して、大きく
育ち、広葉樹の森として独り立ちしつつ
あります。



DSC_0085 2.JPG
この時期、落葉樹がメインとなった森の林床はとても明るい。


植付けが終わって数年間は、キイチゴ類が
繁茂して、下草刈りの時はそのトゲトゲが
痛かったものの、今はすっかり無くなって
一部に膝丈の笹が生える程度です。雪は
積もらないエリアですが、それなりに
寒いので、成長はゆっくりですが、着実に
次のステージに移っています。



DSC_0091 2.JPG
植えた時は細かったクヌギもこんなに太くなってきました。


補植するスペースもそんなに無いので、
今後は、大きくなっているヌルデの退治、
および、木に這い上がるクズやフジなどの
ツル切りが主な作業になってきます。



DSC_0102 2.JPG
今度の作業で退治するヌルデには赤ペンキで「X」印が付けてあります。


また、下草が生えなくなって、動物も歩き
やすくなったせいか?、シカ(カモシカ?)
による食害が、以前より増えています。
まだ樹皮が柔らかく、食べ頃な苗には、
他の植樹地と同じように、シカ害対策の
幹巻きを行う必要がありそうです。



DSC_0097 2.JPG
樹皮は齧られ、枝先も幹も折られてしまったヤマザクラ。


初めての方も、久々の方も、ぜひぜひ
ご参加ください。概要は以下の通りです。



2018年4月8日(日)霧積:ヌルデ退治
・ヌルデ退治とツル切りを行います。
・新宿西口 7:30発。現地集合 10:00頃。
・雨天の場合は中止します。
・自車で初めて来られる方は、集合の
 場所と時間をお伝えしますので、一度
 ご連絡ください。
・この時期、まだヤマヒルはいません。
 安心してご参加下さい。




DSC02471 3.JPG
2007年4月8日の植え付け風景。地元の森林管理署の方々も参加して下さり、
大人数のバケツリレーで苗を斜面の上まで運びあげました。懐かしい。

DSC02618 3.JPG
こちらも2007年4月8日。霧積植樹地は「斜面」「平坦地」「川沿い」と
3つのエリアに分かれています。ここは川沿いエリア。


posted by ドングリッチ at 22:47| 東京 🌁| 群馬 霧積の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

久留里の植え付け

久留里の植付けスタート!
次回は3月11日(日)です。




DSC_0001.JPG



太陽は隠れたまま、一日ずっと肌寒かった
2月25日(日)、20名の参加者と久留里の
「笹斜面」と呼んでいる場所に補植を行い
ました。クリ、クヌギ、コナラ等を中心に
6種類の広葉樹、計180本。




DSC_1463.JPG
笹とススキをきれいに刈り払い、苗を植える場所に支柱用の竹を刺して
準備完了。180本で笹斜面の4分の3ほどが埋まりました。残りは次回。



東南向きの斜面で、日当たりはいい場所なの
ですが、風当たりも強く、シカ害も
ひどく…
と、以前、植えた苗の成長はイマイチ(泣)。
今回は、「大苗、幹巻き、支柱立て」を
徹底して、これでここの植え付けは最後!と
気合を入れてのぞみました。




DSC_1472.JPG
大苗を抱えて、いざ斜面を登ります。根が乾かないように、一人4〜5本を
持って上がり、それが植え終わったら、また苗を取りに下りて…の繰り返し。



大苗を植える際の苦労は:
大苗ゆえ…何本も抱えて斜面を歩くのが大変。
大苗ゆえ…大きな根が入る穴を掘るのも大変。
大苗ゆえ…しっかり植えないと風で倒れる。
大苗ゆえ…支柱立てには力と、コツがいる。
(それに、苗畑での育苗期間が長〜い。)


でも、これらの苦労が報われるメリットは:
大苗でも…活着率はそれほど下がらない。
大苗ゆえ…頻繁に下刈せずとも日は当たる。
大苗ゆえ…苗の頂点がシカに食べられない。
(幹巻きと支柱立てが前提条件ですが…)




DSC_0016.JPG
この日、初めて参加されたファミリーは、N師匠の手厳しい?指導のもと、
力を合わせて大きな苗を植えてくれました。作業の後半(いや、大半?)、
ちびっこたちはワイワイと楽しそうに秘密基地を作っていました:)



この笹斜面は、今年は下刈りをしません。
その方が、シカが出入りしにくいのと、
苗の半分の高さのススキでも、多少は
風除けになると考えているからです。




DSC_0034.JPG
支柱の立て方は、まだ未確立。斜めに刺したり、苗と平行に垂直に刺したり、
特大苗には2本添えたり…。この笹斜面は北側に杉林を背負っているため、
支柱は南風対策を主眼において設置。今後、手間 対 効果 の見極めも必要。



当日は、スタッフの残業でやっと180本の
苗に幹巻きまで終了。支柱立てもなんとか
春の嵐の前に終了。ひと雨降ってくれて、
まもなく苗も目覚めることでしょう。




P6140052.JPG
これは2009年の写真。当時は写真では見えないくらいの1mの苗をたくさん
植えていました。それでもシカ害は軽かったため、これらの苗は、なんとか
逃げ切って、大きく成長しています。問題は、2012年頃以降に植えた斜面。



日が落ちて、さっきまでボランティアさんと
苗を植えていた斜面も薄暗くなってきた頃、
スタッフ二人で残業していると、すぐ隣の
スギ林から「とろすことーこー」。
フクロウの鳴き声が聞こえてきました。
たくさんの大きな木がそびえ、安心して
フクロウが棲める森になればいいなぁ…。



今月の作業は以下の通りです。


3月11日(日)久留里の植付け
・2回目の植付けです。150〜200本予定。
 新宿西口 8:00出発、現地集合 9:30頃。
 雨天延期→3月18日(日)に作業します。


3月24日(土)どんぐり畑
・ご注意:土曜日です!畑に残った苗の
 植替えやドングリ種まきなど行います。
 9:00〜15:00。雨天中止です。


3月の平日&土曜作業
・どんぐり畑:2日(金)、9日(金)
 16日(金)、30日(金)。
 午後のみ 12:30〜15:30。雨天中止。
 苗の本植え、ドングリ種まきなど。


・10日(土)久留里の植付け
 13:00〜16:00頃。翌日の準備のため、
 スタッフが現場に入っていますので、
 11日のご参加が難しい方など、この日
 でも植えることができます。ご希望の
 方は、ご一報ください。




posted by ドングリッチ at 17:57| 東京 ☀| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする