2021年04月07日

4月の富士山


富士山の植付け
4月10日 (土) & 11日 (日)




DSC_0116.JPG




昨春、植える予定だった苗たち180本が、
現地の仮植え畑=防鹿柵の中で、首を長く
して待っています。3月に予定していた
植付けが雨天中止になってしまったため、
今回が富士山で行う今シーズン最初の
植付けとなります。

今回は4月10日と11日の土日、2日間作業
しますので、どちらか(どちらも⁉︎)
ご都合のよい日にご参加ください。

コロナの関係で、10人乗りは出しません。
苗も大きめ&多めなので、みんなで楽しく
ワイワイ植えたいのですが、申し訳ありま
せんが、自車&家族単位でのご参加を
お願い致します。

晴れると暑く、曇ると寒い、春の山。
紫外線も強め、天気も急変…雨具の準備と
服装にご注意ください。



DSC_0130.JPG
いま、標高900m付近の現場ではミツマタの花が満開です。景色はまだ
冬の枯れススキですが、足元には薄紫や白のスミレも元気に咲いています。



4月10日&11日(土&日)富士山の植付け
・新宿発の10人乗りは出ません。自車での
 ご参加でお願いします。

・集合 10:00「PICA表富士」=富士山スカイ
 ライン沿いの旧:表富士グリーンキャンプ場。
 参加者が集まり次第、施錠されたゲートを
 開けて林道に入ります。参加ご希望の方は
 必ずご連絡お願い致します。

・4月中旬でも、現地は降れば雪…の可能性も
 あります。低温時には路面凍結にも注意が
 必要です。

・林道には所々、マウンドが設けてあります
 (雨で林道が川になるのを防ぐため)。
 車高が極端に低い車だと、そのマウンドを
 乗り越える際に底を擦ってしまう場合が
 あります。その際はドングリ号に乗換えて
 頂く方がいいかもしれません。

・雨天延期 → 4月17日&18日(土日)に上記
 スケジュールと同じ動きで実施します。





DSC_0070.JPG
防鹿柵の中から出してもらうのを待っている富士山産の大苗たち。
東京の苗畑から移して1〜2年経っているため、これ以上そのままに
しておくと枝も根も絡み合ってキレイに育ちませんし、掘り上げも
大変になってしまいます。この春は確実に、広々した富士の裾野に
本植えしてやらねばなりません。



DSC_0071.JPG
斜面に植えたコナラ。そろそろ冬芽も膨らみ出す頃。



DSC_0060.JPG
こちらはホオ。冬芽の殻がパカっと開いて、うぶ毛を
まとった柔らかな葉が開くのはもうちょっと先。



DSC_0051.JPG
シカやウサギに樹皮を齧られないように巻いている
麻布も2年ほどで朽ちるため、巻き直しが必要です。



DSC_0051 2.JPG
麻布の幹巻きで獣害は防げても、カミキリムシは
防ぐことはできません。どうしたものか…。



DSC_0010.JPG
シカが食べないバイケイソウだけがニョキニョキと
伸びる林床。このバイケイソウや、そろそろ顔を
出すマムシソウなど、いまの富士山には、シカが
嫌いな植物しか残っていない…ほどです。



DSC_0107.JPG
施錠ゲートを入った林道。今回、ここは通りません。台風や大雨などで
毎年、所々、林道がえぐれたり崩壊するので、修繕が必要ですが、
なかなか追いつきません。



DSC_0100.JPG
この春は定期的に雨がふっているため、きれいなコケの緑の絨毯。



DSC_0136.JPG
お弁当広場。北側に富士山山頂、南側に駿河湾。当日は、晴れて暖かく、
気持ちよくお昼を食べたいですね。



4月の活動は、ようやく冬の眠りから覚める
富士山での作業のみになります。ご都合の
つく方、どうぞご参加ください。


ちなみに、5月の活動予定は…
・5月 5日(祝水)どんぐり畑
・5月16日(日)久留里の筍&竹退治
・5月30日(日)久留里の竹退治  …です。



posted by ドングリッチ at 16:39| 東京 ☀| 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする