2021年09月05日

9月の作業はお休みです。


9月の作業はお休み。
秋のどんぐり拾いは…



DSC_0010.JPG



昼に鳴くセミよりも、夜に鳴く虫たちの方が
元気になってきましたね。どんぐり事務所でも
コオロギが鳴いています、室内で。どうやら
居場所は、倉庫となっているお風呂場らしく、
とっても響いてます。

夏の草刈りシーズンはひと段落しました。
手鎌での草刈り、刈払機での下刈り等…暑い中、
みなさん、お疲れ様でした。富士山の作業道は
すべて刈り終えましたが、久留里の方は全体の
3分の1ほど?が残っているため、この秋〜冬、
何度か通って、仕上げたいと思います。

畑の作業も8月末の草むしりで、小苗&中苗の
救出は終わりましたし、今のうちにこれだけは
やっておかねば、という急ぎの作業も無いので
9月の作業はお休みにします。



DSC_0045.JPG



そして、今年のドングリ拾いはというと。。。

結論から言いますと、もし富士山のブナが
豊作だったら拾っておきたいけど…くらいで、
ちょっと控えめです。と言うのも、この春に
どんぐり畑が元の広さに再拡張されましたが、
コロナで山への植付けが中止になったりした
ため、大きめの苗で畑は満員状態。種を蒔く
スペースがほとんどありません。

それでも、数年に一度しか拾えないブナが
豊作なら、このチャンスは見逃せません。
ブナの種蒔きなら、それほど拾いスペースも
取らないので、豊作ならできるだけ拾って、
プランターに蒔くか、中苗の根元に蒔くか、
場合によっては、富士山の現場にある柵の
中に蒔いて発芽させるかしたいと思います。




DSCN0359.JPG



東京は暑すぎることや、カミキリムシや
ウドン粉病の影響などもあり、ミズナラや
ブナの生育は厳しい状況です。中苗の段階で
東京の苗畑から現地の仮植え畑に移動して
みたり…試行錯誤を続けねばなりませんが、
そのために、種が確保できる年は、可能な
限り拾っておきたいと思います。

ただ、コロナもさることながら、この間の
大雨の影響で、9月1日現在、富士山スカイ
ラインの一部が通行止め。路肩が崩落して
いるため、修復まで少し時間がかかるかも
しれません。林道もいたる所でえぐれて、
どこが通れるのか、なかなか状況が把握で
きません。近々、ブナのなり具合と道路の
状況を下見してから、具体的にどうするか
決めます。本格的な台風シーズンに入りま
すが、木の実のためにも、道路のためにも
直撃されぬよう、祈るばかりです。




DSC_0002 2.JPG



あいかわらず、明るいニュースがない昨今、
種拾いも行けるかどうか分かりませんが、
種は未来。蒔いた種が自分の背丈を越える
苗に育つ頃、またみんなでワイワイ植付け
ができることを想像しながら、この秋も
作業を続けましょう。

作業は10月から再開します。2回とも山の
作業にする予定です。1回は種拾い、もう
1回は久留里。種拾いの場合は富士山で、
もし種が拾えないようなら2回とも久留里
です。変更する可能性もありますので、
次回の記事で最終確認をお願いします。




10月の作業予定
 ・10月 10日(日)山作業=富士山か久留里
 ・10月 24日(日)山作業=富士山か久留里


【富士山で種拾いの場合】
 ・富士山スカイライン「水ヶ塚P」10時集合
 ・ブナ、ミズナラなどの種集め。
 ・小雨決行。


【久留里で下刈りの場合】
 ・機械組は下刈り、手鎌組は蔓切り、幹巻等。
 ・自車参加の方=現地集合10時。
 ・雨天中止。


 *いずれも、コロナ状況が不明なので、
  新宿発の10人乗りは出しません。




posted by ドングリッチ at 17:02| 東京 ☁| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする