2012年11月26日

秋の作業報告

10月&11月と作業予定をUPせず、大変、
失礼致しました。ゴメンナサイ。。。
ブログの更新はさぼってしまいましたが、
畑と山の作業は、いつも通り、しっかり
行っております。本格的に冬の作業へと
移る前に、この秋の作業報告を手短かに。


苗畑:種まきと堆肥切り返し
DSC05316.JPG
・今年はそれほど量は多くありませんが、
 拾ったトチとコナラの種を保存用と
 種蒔き用とに分けました。中には
 すでに根が出始めているものも。。。


DSC05357.JPG
・スペースの関係であまり蒔くことが
 できませんでしたが、一部のトチと
 コナラを直播きしました。種まきは
 畑作業の中でも楽しい作業のひとつ。
 来年の春には、一列きれいに発芽する
 苗がみられるでしょう。


DSC05355.JPG
・年が明けると落ち葉の堆肥づくりが
 始まります。その前に、いま現在、
 堆肥囲いに積んである堆肥を切り返し。
 今年も丸々と太ったカブトムシの
 幼虫が出てきました。



久留里:シカ害対策と笹刈り
DSC05597.JPG
・ついに久留里でシカ害対策スタート。
 全国的に問題となっているシカによる
 食害ですが、ここ久留里でも被害が
 看過できない段階となってきました。
 富士山で行っている対策と同じように
 大苗を中心に麻布を苗に巻いて、幹を
 シカに齧られないようにしています。

DSC05538.JPG
・房総半島の紅葉は全国でも遅いので、
 11月下旬になって、ようやく色づく
 葉がみられるようになってきます。
 日当りのいい斜面のコナラは他の
 苗木より早めに紅葉。落葉すると
 植えた苗木とそれ以外の草木とが
 見分けにくくなってしまうので、
 いまのうちに刈れるだけ刈ります。


DSC05526.JPG
・秋の七草のひとつ、フジバカマも
 そろそろ終わり。ヌルデやハゼが
 紅葉し、ススキの綿毛が飛ぶ中、
 静かに咲いています。夏の終わりに
 咲いていたホトトギスは、種を
 落とし始めました。

 

年内12月は、畑と山(久留里)の作業を
1回ずつ予定しています。年が明けると
もう春の植付け準備が本格化します。
平日にも畑の作業などを行うことになると
思いますので、スケジュールが決まり
ましたらお伝えしますね。

posted by ドングリッチ at 00:00| 東京 ☀| 三鷹 どんぐり畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする