2016年03月07日

15人で200本。

【活動報告】
 2月27日(土)久留里
 200本を補植しました。


DSC05326.JPG
苗数本とケンスコ、幹巻セットを手に斜面に散らばる。


予報よりもちょっと肌寒い2月最後の週末、
全員で15人という、これまでの最少記録?
かもしれない人数で、今年一回目の補植を
してきました。

今回、久留里に植えた苗は、どんぐり畑
(三鷹市)と木更津(千葉)の畑で育てた
コナラ、クヌギ、ヤマザクラ、カエデなど
合計200本。基本的にどれも大苗です。



DSC05313.JPG
どんぐり畑から苗の旅立ち。このあと木更津畑でも苗を積んで久留里へ。


以前は、1回の植付けで400〜500本の苗を
植えるのが普通でした。しかし、ここ数年は
シカによる食害がひどいため、以前より大きな
苗を植え(掘る穴も大きく)、その苗に麻布を
巻き、さらに支柱を立てる…という手間が増え
たため、植付けにはかなり時間がかかるように
なっています。

この日、みんなで植えた場所も、シカにやられ
多くの苗が枯れてしまった斜面。前回、植付け
をした頃は、シカの食害が深刻化し始めるか
どうかの頃で、シカ害対策を強化する前でした。
そのため、「補植」というよりも、もう一度、
全面に植えなおし、に近い規模の植付け。。。

それでも、手慣れたボランティアさんたちは
大きな穴を掘り、シカの口が届く高さ1.5mほど
の高さまで幹巻きをして、どんどん苗を植えて
いきます。スタッフが後を追って竹の支柱を
立てていきます。



DSC05353.JPG
幹巻きせずに植えたままでは10本あたり8〜9本は食べられてしまう。


ちょっと風当たりの強い斜面ですが、日当りも
いいので、しっかりと根を伸ばし、たくさん葉を
広げてほしいものです。鹿よけ、風よけのため、
今回、植付けした斜面の下草は今年は刈らずに
そのままにします。

このあと、植付けは、霧積(群馬)、くぬぎ平
(茨城)と続きます。(富士山は検討中です。)
是非ぜひ、みなさんご参加下さい。久々の方も
初めての方も、いつもの方も!霧積もくぬぎ平も
基本的には「補植」なので数十本の単位ですが、
苗は大きめですし、数が少ない分、一本一本を
丁寧に植えたいと思います。


posted by ドングリッチ at 23:20| 東京 🌁| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする