2016年12月07日

12月の活動予定

冬の作業、そろそろ開始です。


DSC07922.JPG
久留里に植えたカエデも鮮やかなオレンジ色や赤に。


いま、久留里が紅葉の時季を迎えています。
日本で一番遅い紅葉だよ、なんておっしゃる
地元の方もいますが、コナラやクロモジの黄、
カエデの赤…などが斜面を彩っています。

一方、畑の苗たちも色づいた葉を落とし始め、
冬眠の準備に入ろうか…といったところ。
苗の様子を見ながら、そろそろ、冬の作業に
取りかかりたいと思います。
12月の予定は以下のとおりです。



12月11日(日)久留里(千葉県君津市)
・補植に向けた斜面の整備を続けます。
 手鎌や刈り払い機での笹刈りなどと
 同時にシカ害対策の幹巻きも。
・新宿駅西口8:00発、現地集合9:30頃。
・小雨決行です。


12月18日(日)どんぐり畑(三鷹市)
・今年の最後の作業、どんぐり納めの
 畑作業です。半日だけでも是非ご参加を。
・苗が冬眠に入っていれば掘り上げを
 始めます。掘り上げが大変な方は、枝の
 剪定や落ち葉かき…等の作業もあります。
・9:00〜15:00。小雨決行です。



DSC07882.JPG


11月23日に積もった雪は、久留里の苗にも
被害を与えました。上の写真は5m近くに
育っていたコナラです。この雪がまずかった
のは、まだ苗が葉を落とす前のタイミングで、
湿った雪がそれなりに積もってしまった…
ことです。たくさん残る葉っぱに湿った重い
雪がべったり積もったのでしょう。ひと冬に
何度か積雪はある久留里ですが、暖かい地域
でのこの時期の雪は、不意の一撃でした…。
斜めに傾いた苗や根元近くで折れてしまった
苗(下の写真)もあります。



DSC07877.JPG


すでに葉を落とし終わったヤマザクラや
幹がまっすぐに一本伸びたクヌギなどの
被害が少なかったのは、助かりました。

また、この雪で顕わになった事のひとつに
カミキリムシの害もあります。幹の内部に
カミキリムシが侵入し、畑でも山でも苗が
折れているのは時々、見かけますが、今回
の雪で倒れた苗のうち、カミキリムシが
入って弱った苗が多くありました。



DSC07906.JPG


上の写真もそのひとつです。4mほどに育って
いたクヌギです。右下の穴には、来年、出て
くるはずだったであろうカミキリムシが1匹
入っていました。



DSC07910.JPG


出てきてもらったシロスジカミキリ。
苗が大きくなって樹皮がゴツゴツしだすと
シカは齧らなくなりますが、このカミキリ
ムシによる被害は、木の大きさに関係なく、
減りません。

果樹園などでは「定番の害虫」カミキリ
ムシ。農業・植木関係のお店にはカミキリ
ムシ退治の殺虫剤もよく置いてあります。
農薬や殺虫剤を使わずに活動をしている
中では、悩みのタネのカミキリムシです。
はてさて、どうしたものか…。

ドングリの会の森づくりに限らず、自然界
ではマツ枯れ、ナラ枯れが深刻な問題です。
小さなムシの大きな脅威。


 ☆


今年も大きな怪我もなく、楽しく活動が
できました。日頃からご参加&ご理解
下さっている会員の方々、ボランティアの
みなさん、企業の方々のおかげです。
ありがとうございました。そして、お疲れ
さまでした。来年もどうぞよろしくお願い
致します。
        ドングリの会スタッフ



ちなみに、新年の作業は…
・1月9日(月祝)どんぐり畑
・1月22日(日)どんぐり畑

※雨天延期=29日(日)に作業。


DSC07961.JPG



posted by ドングリッチ at 22:36| 東京 ☀| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする