2021年07月03日

7月&8月の作業予定


面の下刈りから
   線の下刈りへ



DSC08728.JPG



近年、ドングリの会の山作業でほとんど使わ
なくなったモノ…蛍光ピンクの目印テープと
柄の長〜い大鎌。最近、作業に来られるよう
になった方は、両方とも見たことがないかも
しれませんね。シカによる食害のため、ここ
10〜15年で森づくりの仕方もずいぶん変化
しました。




DSC04477.JPG



以前は、刈り払い機を使う機械組も、大鎌を
持った手作業組も、みんなが斜面に入って、
腰の高さほどの苗につけたピンクのテープを
探しながら、苗の周りの草や潅木を刈ってい
ました。茨城のくぬぎ平、富士山のブロード
リーブスなど、汗だくになってガシガシと。
苗だけが立ち並ぶ斜面に仕上げていました。




DSC04494.JPG



シカの食害が深刻化し「大苗・幹巻・支柱立
て」の3点セットで植付けするようになって
からは、下刈りは機械組、シカ害対策の幹巻
は手作業組…と次第に分業するようになって
います。

刈払機による下刈りも、最近では苗を植えた
斜面はあまり刈っていません。斜面を刈って、
残った苗だけが立ち並ぶと、シカさんどうぞ、
と差し出しているようなもの。そのため、
近年では、作業道をキープするための下刈り
がメインです。




DSC03535.JPG



この夏、7月は久留里の作業道を、8月は富士
山(大淵)の作業道を重点的に下刈りしたい
と思います。それぞれの作業道の長さが、
どれくらいになるのか、大まかに算出して
みました。久留里は約 2.7 km 、富士山は
約 1.8 km ありそうです。理想は6月頃と9月
頃の年2回、刈払機をかけられればいいの
ですが、実際には難しいため、とりあえず、
最低1回かけておけば、作業道としてギリ
ギリ…キープできます。


※ 一般的な呼称か分かりませんが、ドングリの会では植樹地の中の
 車が通る道を「林道」、車は通らず、人が歩く道を「作業道」と
 呼んでいます。道幅は狭い所で 1〜2m、広い所で 7〜8mほど。



DSC04656.JPG



ここのところ、スパルタな?ドングリの会
らしからぬ!?雨天中止が続いていおり、
お天気に振り回されている今年の梅雨ですが、
最低年1回の作業道の下刈りは死守したいと
思います。ご協力お願い致します。



7月と8月の活動予定は以下のとおりです。


7月11日(日)畑 & 久留里の下刈り
【どんぐり畑】
 ・草むしり。9:00〜15:00。少雨決行。
  少雨決行の際は午前中のみ作業です。
  朝から本降りの場合は中止します。

【久留里の下刈り】
 ・機械組を中心に作業道の下刈り。
 ・現地集合9時。小雨決行です。
  朝から本降りの場合は中止します。



8月1日(日)富士山の下刈り&幹巻
・機械組はどんどん作業道の下刈りを。
 手鎌組はツル切り、シカ害対策など。
・コロナの状況も不明なので、まだ
 新宿駅発の10人乗りは出しません。
・自車参加の方=10時「PICA表富士」
 集合でお願いします。
・小雨決行。晴れると暑く、雨が降ると
 肌寒くなりますので、日焼け止め、
 レインウェア、着替え等お忘れなく。
・オリンピックで交通規制があるかも
 しれません。特に首都高を利用される
 方は、ご注意ください。

※ 前日の7月31日(土)はスタッフが
 事前準備で刈払機をかけています。
 土曜の方が都合のいい機械組の方は
 ぜひお願いします。




8月29日(日)どんぐり畑の草むしり
・この頃は、イネ科の草が爆発している
 可能性があります。笹も退治しつつ、
 ヤブガラシやカナムグラなどのツル
 切りも行いましょう。
・9:00〜15:00。雨天中止です。
・今年の夏も高温予報です。前夜の天気
 予報で東京の最高気温が「33℃」以上
 の場合は、高温のため中止にします。




蒸し暑さがピークのこの時期、地味な作業の
連続ですが、かいた汗の分だけ森が育つと
信じて、機械組も手作業組も、引き続き、
頑張って、森づくりに励んでいきましょう!




IMG_20210621_153552 2.jpg



posted by ドングリッチ at 21:05| 東京 ☀| 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする