2017年03月03日

久留里の補植


【作業報告】
 久留里に150本を補植しました。


DSC08372.JPG



ほぼすべての斜面の植付けが終了している
ものの、シカの食害が思っていたより酷く、
なかなか補植が終わらない久留里(千葉県
君津市)の現場。今年も 2月12日にボラン
ティアのみなさんと補植をしました。

今回、補植を行ったのは「頂上」と呼んで
いる久留里の植樹地の中で一番、高い所に
ある平坦な場所です。太平洋こそ見えませ
んが、晴れた日には、千葉港あたり?の
東京湾の一部と筑波山が見えます。



DSC08379.JPG
頂上までの最短コース=斜面直登で苗を
運ぶのはちょっと大変。。。




DSC08401.JPG
最初の植付け、1回目の補植、そして
今回が3度目の植付け。すでに育って
いる苗と苗の間に大苗を植えます。




DSC08413.JPG
写真の中央に見える白っぽい木は、
6年ほど前に植えたキハダ。



DSC08431.JPG
苗の根元に生えている笹は、シカが苗を齧らない
ように、あえて刈らずに残しています。それでも
雪が降ると苗は丸裸なので、幹巻テープは必須。



DSC08387.JPG
キョンだけでなく、ニホンジカもいます。
高さ150pくらいまで麻布を巻きます。




苗を植え、幹巻きしたあとは、支柱を設置。
大苗ゆえ、春の強い風に揺さぶられ、根が
しっかり張れないのと、何よりも、シカが
のしかかって枝葉を食べてしまうからです。

ここ久留里に限らず、10年前とは、山への
植樹方法が大きく変わってしまいました。
ある程度の方策は徐々に見えてきましたが、
現場ごとの試行錯誤はまだまだ続きそうです。




DSC08429.JPG



この春の久留里の植付けはこれで終了!
…というのも、大苗が足りないのです。
150本だけだと、ちょっと物足りない?
感じもありますが、その物足りなさは、
畑で植替えを待っているチビ苗たちの
作業にまわすとしましょう。




posted by ドングリッチ at 21:14| 東京 ☀| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

8年を経て…

    久留里のホオ
       咲いています



DSC06178.JPG


久留里での森づくりがスタートした2008年、
初めて地拵えをした時には、まだ何も生えて
なかった斜面の自然に生えたホオ。あれから
8年が経ち、木の高さは10mほどに。今年、
ようやく、その枝の先に花が咲きました。



DSC06118.JPG


成長すると高さが30m近くになる木です。
目の前でその花を見ることは少ないですが、
これはまだ若い木なので、手が届く高さに、
いくつか咲いています。この写真の花は、
開いた状態の大きさが20p弱。



DSC06195.JPG


花に顔をうずめて、まともに匂いを嗅ぐと
どうかなっちゃうくらい、濃厚な香り…。
木の下に入って、降って来る香りを楽しむ
くらいがちょうどいいような感じもします。
ホオの苗の掘り上げをしているときに香る
根っこの香りとは、またちょっと違うもの。



DSC06196.JPG


すでに、花びらが散ってしまい、めしべが
大きくなり始めたものもあります。秋には
種が落ちるでしょうから、これも拾って、
蒔いて、苗にして。。。



DSC_0464.JPG
秋にはこんな感じ!? これは北海道・知床で拾ったホオの種。


みんなで植えたホオの苗に花が咲くのも
もうすぐでしょうか。






posted by ドングリッチ at 23:02| 東京 ☀| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

赤いネッシー

  房総に自生する最後の !?
    トチの木 2本。



桜の開花を指折り数える3月の中頃、
ちらちらと雪が舞う千葉県君津市。
とある神社の境内で、季節外れの
種拾いをしました。



DSC05728.JPG
拾った時、すでに発根している種も。


実はこのトチの木、房総半島に自生する
最後の2本である可能性が高い貴重な木。
山の平均標高が全国で一番低い千葉県、
トチの木がたくさん生えているイメージは
ありませんが、君津市内の弥生時代の
遺跡からはトチの実が出土しており、
その時代にはトチもたくさん生え、
食されていた…ようなのです。

この話を聞いたのは、2月下旬、久留里の
現場で作業をしている時、偶然に出会った、
地元の植物博士「Kさん」から。トチの
お話し以外にも、房総半島にはもともと
無かったマテバシイの照葉樹林は、燃料を
得るため、戦中に学生たちが動員されて
植えた「戦争遺産」であること、増えた
イノシシが鳥の卵やヒナ、ヘビなども
食べてしまい、小動物も減っていること…
などなど。幹巻き作業そっちのけで、
Kさんのお話を聞いてしまいました。


DSC05853.JPG
握りこぶし1つ分の間隔をとって次の種。


Kさんに教えて頂いたトチの木は、すぐに
見つかりました。胸高直径で約1mほど。
大きな木ですが、老木という印象は無く、
落ちている種の数からしても、まだまだ
たくさんの実をつける成木といった感じ。
お堂の近くに2本ならんで立っています。
そのまわりには実生苗もたくさん。

この日、拾えた量は、殻付きの状態で
ちょうどバケツ1杯ほど。もし、秋に
拾いに来ていれば、もっとたくさんの
種が拾えたでしょう。正月のお掃除で?
燃やされた実もたくさんありました。

そうして拾った房総トチの種、月1回の
みんなの作業日に蒔こうと思っていたの
ですが、拾って一週間後には、ほとんどの
種が発根! あわてて、平日の作業に
参加して下さった皆さんと蒔きました。

早いものは、蒔いてから1週間ちょっとで
発芽。かなり時間差がありましたが、4月の
中頃には、ひととおり出そろい、幾度かの
春の嵐をこらえて、今は鮮やかな緑の葉を
大きく広げています。



DSC06013.JPG
4月29日撮影。発芽してすぐの姿はまるでネッシー!?
赤いネッシーの写真はいずれあらためて。

3〜4年で人の背丈を超える大苗になると
思いますので、久留里に持って行きたいと
思います。そうすれば、房総自生のトチも
残るでしょう。

このも拾いに行こうかな。。。



posted by ドングリッチ at 22:13| 東京 ☀| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

15人で200本。

【活動報告】
 2月27日(土)久留里
 200本を補植しました。


DSC05326.JPG
苗数本とケンスコ、幹巻セットを手に斜面に散らばる。


予報よりもちょっと肌寒い2月最後の週末、
全員で15人という、これまでの最少記録?
かもしれない人数で、今年一回目の補植を
してきました。

今回、久留里に植えた苗は、どんぐり畑
(三鷹市)と木更津(千葉)の畑で育てた
コナラ、クヌギ、ヤマザクラ、カエデなど
合計200本。基本的にどれも大苗です。



DSC05313.JPG
どんぐり畑から苗の旅立ち。このあと木更津畑でも苗を積んで久留里へ。


以前は、1回の植付けで400〜500本の苗を
植えるのが普通でした。しかし、ここ数年は
シカによる食害がひどいため、以前より大きな
苗を植え(掘る穴も大きく)、その苗に麻布を
巻き、さらに支柱を立てる…という手間が増え
たため、植付けにはかなり時間がかかるように
なっています。

この日、みんなで植えた場所も、シカにやられ
多くの苗が枯れてしまった斜面。前回、植付け
をした頃は、シカの食害が深刻化し始めるか
どうかの頃で、シカ害対策を強化する前でした。
そのため、「補植」というよりも、もう一度、
全面に植えなおし、に近い規模の植付け。。。

それでも、手慣れたボランティアさんたちは
大きな穴を掘り、シカの口が届く高さ1.5mほど
の高さまで幹巻きをして、どんどん苗を植えて
いきます。スタッフが後を追って竹の支柱を
立てていきます。



DSC05353.JPG
幹巻きせずに植えたままでは10本あたり8〜9本は食べられてしまう。


ちょっと風当たりの強い斜面ですが、日当りも
いいので、しっかりと根を伸ばし、たくさん葉を
広げてほしいものです。鹿よけ、風よけのため、
今回、植付けした斜面の下草は今年は刈らずに
そのままにします。

このあと、植付けは、霧積(群馬)、くぬぎ平
(茨城)と続きます。(富士山は検討中です。)
是非ぜひ、みなさんご参加下さい。久々の方も
初めての方も、いつもの方も!霧積もくぬぎ平も
基本的には「補植」なので数十本の単位ですが、
苗は大きめですし、数が少ない分、一本一本を
丁寧に植えたいと思います。


posted by ドングリッチ at 23:20| 東京 🌁| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

久留里の実

春から初夏へ。
野の草も木々も伸び盛りの季節となります。
入梅とともに、空にはどんよりとした雲が
立ちこめる日が多くなりますが、そんな
灰色の雲とは対照的に、いま久留里では
色鮮やかな実がたくさんなっています。

スタッフ作業の合間に、経過観察と称して
(つまり、ちょっとサボって…)30分ほど
斜面を歩いてみると。。。


DSC06875.JPG
この時期の下刈りのお伴と言えば、やっぱり野いちご。
真っ赤で目立つ大きい実を見つけてはパクパク。



DSC06796.JPG
その芳香ゆえに、ボランティアさんの中にもファンが
多いクロモジ。下草なのに愛される。久留里の楊枝も有名。


DSC06810.JPG
キイチゴの黄色い実は、小さな提灯をたくさん
ぶら下げたよう。こちらも定番デザート。



DSC06793.JPG
山椒の実。毎年、たくさんの実をつける木があり、
塩漬けやちりめん山椒を作る方も。


DSC06857.JPG
一番甘いのはクワの実でしょうか。一本の枝に、
白、赤、紫、黒と完熟するまでのグラデーション。


DSC06872.JPG
シカの実。年中、斜面のいたる所に。イノシシの実や
ノウサギの実も…。この糞のもとがみんなで植えた
苗かと思うと、とても悔しい…。


DSC06862.JPG
ヤマザクラのさくらんぼ。黒く熟れた実を
試しに食べてみるとえぐみの中にも、
甘いさくらんぼの風味が微かに。



DSC06813.JPG
サルトリイバラ。この時期の柔らかな葉と蔓は、
まるでチョウの羽と触覚のようにも見えます。



DSC06882.JPG


シャッターを押す回数より、熟れた実を
口に運ぶ回数の方が多かったような…。

つまり・・・
なので下草刈り作業に行ってみませんか、
というお誘いでした。



ご賞味の際は、実の中にアリが
いないことをご確認下さい。







posted by ドングリッチ at 00:00| 東京 ☁| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

ボランティア体験報告


9月4日土曜日、曇り時々晴、一時雨。
天気は台風12号の影響も残るなかの作業でした。
朝晩はだいぶ涼しくなってきました。
くりの木には実りの秋を感じさせるりっぱな「実」も
ついております。

DVC00479.JPG

久留里の山にちらほらみかけるようになったくりの実。

きょうも、笹が大きくなっては困る斜面を中心に
刈払機をかけました。冬までこの戦いは続きそうです。
そんな中、見つけたうれしい「驚き」や「発見」パート2です。


DVC00417.JPG

羽化したばかりの蝉。


DVC00419.JPG

神秘的!羽化したての透き通った蝉。


たまに木を傷つけたり、刈ってしまい、
へこんだ気持ちを様々な出会いが癒してくれます。
そんな山での「発見」や「出会い」を体験しに、
ぜひ作業にご参加ください。



posted by ドングリッチ at 00:00| 東京 ☁| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

今春の「久留里」植付けも何とか終了。

【活動報告】4月17日&5月15日 久留里の植樹

DSC03427.JPG
頂上付近での大苗植樹。ピンクのリボンも忘れずに。

例年なら山での植付けに奔走している3月後半、
今年は、ほとんど身動きが取れず、ひと足遅れての
植樹シーズンとなりました。参加者も例年より
ちょっと(かなり?)少なめの20名弱でした。


DSC03333.JPG
久留里の斜面は掘りやすい。深植え気味に。

4月後半〜5月半ばとなると、苗も冬眠から目を覚まし、
根も葉も広げ始めています。常連のボランティアさん
を中心とした参加者のみなさんは、できるだけ丁寧に
かつテンポ良く、数年間育てた苗を斜面に植えました。


DSC03496.JPG
久留里の里を見下ろす苗木。雨風に負けるな。

今回、植樹した苗は、コナラ、クヌギ、クリのほか、
ケヤキやカツラなどの落葉広葉樹。頂上付近には、
久留里の里から見えるよう、ヤマザクラを多めに
植えました。春はヤマザクラ、秋は紅葉…と、地元の
方にも永く愛してもらえる森になればいいですね。


DSC03403.JPG
クロモジは満開。

また、ドングリの会の鳥博士R君が、現場でサシバの
ペアを確認。動物たちにも嬉しい森になってくれる
ことを願っています。ただ、昨年あたりから、ここ
久留里でもシカによる植付け苗の幹剥ぎが目立ち
始めました。特にヤマザクラが折られています。
このままエスカレートするようなら対策が必要です。


DSC04109.JPG
草刈り?いえ、今シーズン最後の植付けです。。。

6月に入ると、いよいよ?下刈りの季節となります。
植付けが済んでいる斜面とまだの斜面、笹ばかりの
斜面、タラノキやカラスサンショウで痛い斜面、
クズがはびこる厄介な斜面…と場所によりいろいろ。
それでも、森が独り立ちする日まで、みんなで
コツコツと育てあげましょう!


DSC04089.JPG
お昼休みに野イチゴ摘み。甘くておいしい!そろそろクワの実も。

posted by ドングリッチ at 20:40| 東京 ☀| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

ボランティア体験報告Q


2月19日土曜日晴れ。先週に引き続き
春の植付けのための作業。今日は
残っていた丸太などを奇麗に整理、
地ごしらえを行ないました。
チェーソーで丸太を運べるサイズに切って
動かします。


DVC00086.jpg

チェーンソーで切っては棚に丸太を集めて整理。


刈払機で下草刈りの作業とは
違い、いい汗流せます。
体力勝負。明日はあちこち筋肉痛になりそうです。
今シーズンの春、全てに斜面に、苗を植えつける
ためにがんばります。


DVC00087.jpg

整理された斜面。

posted by ドングリッチ at 00:00| 東京 ☀| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

ボランティア体験報告P


3連休初日の11日、発達した低気圧の影響で、西日本や
東日本の太平洋側でも雪が降りました。
そしてきょう12日の作業日。久留里の街中は雪はほとんど
なかったので大丈夫なのかと思いきや、久留里の山に到着すると
一面雪化粧。それほど標高差はないものの、やはり街中と
山の中では気温が違うんだと実感しました。


DVC00076.JPG

周りの山々も雪化粧。

DVC00074.JPG

道具置き場にもこんなに雪が・・・。


午前中は曇り空でしたが午後から雪!
しかし作業は続きます。
さすがにいつもより早めに作業を終了しました。
そんな雪の久留里の様子を
ご覧ください!


DVC00075.JPG

DVC00073.JPG

これだけの積雪だと作業ではなくスキーでもしたくなります。

posted by ドングリッチ at 12:26| 東京 ☀| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

ボランティア体験報告O


1月22日土曜日久留里の作業。春の植付けのため、
ひたすら下草刈りを行ないました。
年が明け、さすがに久留里も
朝夕は気温が下がります。
しかし、朝9時ごろは4度。
きょうは比較的暖かかったです。


DVC00112.JPG

新年になって気温が下がり草もだいぶ枯れてきました。


刈払機で下草刈りの作業中、困るのが
草むらから突如顔を出す切り株。
機械を振っているとガツンと手にきます。
最悪なのは 機械の刃が株に食い込んで
しまうこと。
刃が食い込んでしまうと外すのに一苦労。
刃にも、機械にもダメージを与えてしまい
刃が折れたり、刈払機が折れてしまう
なんてこともあります。
注意しながらピッチを上げて作業を
行ないました。


DVC00109.JPG

これがその切り株。

posted by ドングリッチ at 23:29| 東京 ☁| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

ボランティア体験報告N

12月8日水曜日久留里の平日作業。
年内の平日作業も残すところ
あと数日。年内に終わらせるべき
斜面の下草刈を黙々と行ないました。
来春、久留里の全斜面の植付けを
終えなければならないとのこと。
実生のコナラも奇麗な紅葉をしていますが、
刈ってしまわないように注意しながら
進めていきます。


DVC00103.jpg
紅葉を始めた実生のコナラ。
千葉は関東でも一番遅く紅葉を楽しめる
スポット。久留里近くの亀山ダム付近も
奇麗に紅葉しているようです。


今日は丸太や実生の苗があったため
作業の進み方がいまひとつでした。
丸太が土に埋まっていると
刈払機の刃が丸太に噛んで、作業の進みが
遅れます。しかも丸太に刃が食い込んで
しまうとこれをはずすのにまた一苦労。
奇麗に、地ごしらえした斜面がいかに
大切かを痛感する時でもあります。


DVC00102.jpg
もう冬ですが温暖な
久留里ではまだスススが
楽しめます。

posted by ドングリッチ at 20:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

ボランティア体験報告M

11月26日金曜日久留里の平日作業。
虫の姿も見えなくなった久留里で
今日は頂上付近の作業です。


DVC00092.JPG

手前に倒した状態の笹。


笹が2メートル近く伸びている場所があり
刈払機を使っての作業を行いました。
笹が生長しているため手前に倒し
その後、一箇所束ねてまとめて
片付けていきます。
刈りおえた笹が簡単に土に戻ってくれれば
倒したままでもいいのですが・・・
刈って、運んで、束ねて、と
作業は続きます。この地道な作業が
大切なのはわかっているのですが、
手間がかかって大変です。
春の植付けに向けて
徐々にですが進んでいます。



DVC00093.JPG

奇麗に刈られた斜面。あとは植付けを待つだけ。

posted by ドングリッチ at 00:00| 東京 ☀| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

活動報告:11月3日(祝)久留里 頂上の地ごしら

9月26日秋の地ごしらえが順調にスタート、
前回に引き続き 頂上付近の丸太解体など作業を
行ないました。来春の植付けまでの必須作業量7分の1程度でしたが、
今回もみなさんの「力」により順調に進んでいます

DSC00778.JPG

当日いい天気に恵まれました。温暖な久留里も徐々に秋の装い。


頂上付近は倒木の上に倒木が重なっている状態なので
上の倒木を解体し、その下にいる倒木の発掘&解体に
かかります。
解体はチェーンソーで玉切りし、横に片付けしていきます。
手ノコギリ組みも大活躍。倒木の枝葉部分を解体したり、
刈った草&灌木を積み上げ整理していきます。


DSC00140.JPG

下草刈りを終え出てきた丸太を今度は洗い出します。


順調に進んでいきましたが、年内は11月28日、
12月12日で総仕上げとなります。
年内は頂上を仕上げてお正月を迎えましょう。


posted by ドングリッチ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

ボランティア体験報告L

10月20日水曜日久留里の平日作業。
曇り空、気温19℃。久留里の山肌も秋の装い。
栗も所々落ちているのを目にします。
あけびも見つけました!
通称笹斜面の作業も一段落し、きょうは
頂上付近の下草刈作業を行ないました。
頂上付近はボサや丸太が多く点在しています。
やはり 地ごしらえを終えているところと
そうでないところは、草刈りの作業効率が
ぜんぜん違います。地ごしらえをすれば
草刈も楽になって、苗を植える面積も
もう少し広げることができます。
次回は地ごしらえと下草刈を行なう作業に
なりそうです。
posted by ドングリッチ at 00:00| 東京 ☔| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

ボランティア体験報告K

10月7日木曜日久留里の平日作業。
曇り空、気温20℃。夏の厳しい暑さの中の
作業がウソのように、快調に刈払機による草刈
が進んでいきます。
久留里の山、通称『笹斜面』で作業を
行いましたがすでに地ごしらえを終えている
ところなので刈払機もかけやすく順調に
進んでいきました。
しかし、恐るべき生命力の『笹』。
次から次に出てきて、あっという間に
成長しています。これからも『笹』との
戦いは続きます。
久留里頂上にも伸びた笹があります。
今回、笹斜面でいっぱい、いっぱいになって
しまいました。11月3日水曜日の久留里の作業
宜しくお願いします。 
posted by ドングリッチ at 10:57| 東京 ☁| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

活動報告:9月26日(日)久留里 頂上の地ごしらえスタート

7月の下草刈り以来、1ヶ月半ぶりの久留里の作業に
30名弱の皆さんが集まってくださいました。
猛暑も終了した直後。気持ち良い秋風が吹きぬける
斜面で作業を行ないました。


DSC00114.JPG

笹や灌木を切り開いていくのにはとても大変

2mを越す草や樹がびっしり詰まった壁に向かって、
しかも、その草に屋根のように覆いかぶさっている
クズなどのツルを切り刻みながらの作業。
たくさんの方に参加してもらうと順調に
進んでいきます。この秋冬の作業への手ごたえが
生まれてきました。


DSC00152.JPG

頂上からの眺め。左が通称「双子山」、奥は久留里のまち。

posted by ドングリッチ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

ボランティア体験報告J

久しぶりの久留里、下草刈に参加させて頂きました。
9月も半ばというのに今年の夏は本当に暑いです

DSC09040.JPG

たしか1〜2ヶ月前に草刈をして奇麗になっていたところが、
ササの勢力は強くもう、伸びてきています。
地道にササとの戦いが新たにスタート


DSC09054.JPG

来春の植付けのためササの下草刈、針葉樹の丸太処理とがんばります。
posted by ドングリッチ at 00:00| 東京 ☁| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

夏の下草刈り in 久留里。

8月はあまりに暑いので、畑も山もボランティアさんとの
作業は例年お休み。…とは言え、山での下草刈りや畑の
水遣り、活動地の視察などなど、スタッフはいろいろと
動き回っています。いくつか夏のひとコマをご紹介。


DSC09070.JPG
久留里の下草。梅雨時の急成長ほどは伸びないと言っても、やはり野山に生える植物は強く、刈ってもすぐに次の草。

DSC09035.JPG
下草刈りと併せて、つる切りも行います。クズやフジなどのつる植物が苗に絡むと、まっすぐ上に伸びることができません。

P8280097.JPG
8月下旬の富士山では、少し早めにススキの穂が開き始めています。クリ(右)やミズナラ(左)も順調に成長。

DSC08783.JPG
秋に除間伐を予定している水上のハンノキ人工林を視察。手ノコで倒せるサイズが多い。将来的には樹種転換。

posted by ドングリッチ at 00:00| 東京 ☀| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

地上に出てみたら…

土の中で幼虫時代をすごしたセミ。
羽化しようと外に出てみたら…、木がない。

何年も土の中で成長している間に、地上の木は伐られ、
仕方なく?高さ1mにほどの笹によじ登って
房総の山に飛び立ったのでしょう。


セミやカブトムシなどの昆虫にも住みよい森を
早く作ってあげないといけません。

7月下旬の久留里。セミの大合唱を聞きながら下草刈り。
ひたすら、ひたすら。

DSC09030 のコピー.JPG
posted by ドングリッチ at 18:44| 東京 ☁| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

平日育林隊 in 久留里

天気:雲時々雨
どんよりとした天気の中の作業となりました。
3月14日の植え付けにむけて
ピッチを上げて刈払機で草刈作業を行ないました。
地ごしらえも終盤。あと一息と言うところです。

DSC05940.JPG

所々に点在しているたらの芽も膨らんできています。
春もすぐそこ!です。天ぷらも楽しみです。
 



posted by ドングリッチ at 00:00| 東京 ☁| 千葉 久留里の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする